Tokyo Japanese Language Center>日本語教師養成講座について

日本語教員養成講座

 

 

概略

東京日本語センターの日本語教員養成講座は、文化庁届出受理番号 H30080113027の420単位時間の講座です。

学士の学位を持っている方(大学を卒業された方)は、本講座を受講し、修了要件を満たし、修了証書を授与された時点で日本語教員の資格を得られます。

 

問い合わせ先

東京日本語センター 日本語教員養成講座 係

〒105-0011

東京都港区芝公園3-5-4

電話 03-3433-3378 (日本語教員養成講座係)

責任者 任都栗 新(にとぐり しん)

 

講座はどこで受けられますか

2018年7月開講予定の短期集中講座は

東京日本語センター 汐留教室

東京都港区芝大門1-2-22

で開講します。また教育実習は

東京日本語センター

東京都港区芝公園3-5-4

で行います。

また10月開講予定の通常コースも上記教室で行います。

通常コースは午前のみの実施です。

なお2019年度からは以下の教室でも実施する予定です。

東京日本語センター 東大宮校(現「東京大宮日本語学校」)

さいたま市見沼区東大宮4-25-10

東大宮駅から徒歩2分です。

 

科目と担当

科目番号 科目名 担当 単位時間
1-1 日本文学から見る日本の歴史・文化・風俗 石川正人 30時間
1-2 日本語の構造 石川正人 60時間
1-3 日本語の変遷 石川正人 60時間
2-1 コミュニケーション論 福田夏紀 30時間
2-2 異文化コミュニケーション 福田夏紀 60時間
2-3 多文化共生とことば 福田夏紀 60時間
3-1 日本語教育の実践 任都栗新 70時間
4 教育実習 任都栗新 50時間






合計 420時間

受講にかかる費用

入学金         5万円
授業料(420単位時間)60万円
教材費          2万円
実習費          3万円
合計                      70万円

個人情報保護の取組み

講座に興味を持ち、氏名等の個人情報を提出していただきご案内をさせていただいた方の個人情報は、当講座のご案内をする以外には利用いたしません。

講座に登録していただいた受講者の方の個人情報は、受講票の発行、講座に関する連絡等および修了証書発行のため以外には利用しません。またご本人の同意なく、日本語学校等へ個人情報を提供することはありません。受講者の名簿はコンピュータデータで管理しますが、そのデータはUSBで管理し、そのUSBは管理責任者以外は利用しません。またそのUSBにアクセスするコンピュータは外部からのアクセスができない状態にし、個人情報の漏洩がないよう細心の注意を払います。

講座受講者の名簿は、科目担当者以外は手に取り見ることができないよう、専用ロッカーで管理します。

講座受講者の出欠や成績は、責任者、科目担当者と管理責任者以外は手に取り見ることができないよう、厳重に管理します。

講座修了者の出欠および成績は、本人の希望なしに他の機関、個人に開示することはありません。

 

個人情報の管理体制についてはいつでも確認していただけます。

受講希望者、受講者、修了者の方から個人情報の開示請求があった場合は直ちに開示いたします。また成績証明書、修了証明書についてはご本人からあるいは正規の代理人からの請求があった場合、発行料が納付され次第、発行いたします。

責任者 任都栗 新

管理責任者 吉田 知美

 

日本語教員の資格とは

日本語教員の資格については以下のように規定されています。

法務省

http://www.moj.go.jp/content/001199295.pdf

十三 全ての教員が,次のいずれかに該当する者であること。

イ 大学(短期大学を除く。以下この号において同じ。)又は大学院において日本語教育に関する教育課程を履修して所定の単位を修得し,かつ,当該大学を卒業し又は当該大学院の課程を修了した者

ロ 大学又は大学院において日本語教育に関する科目の単位を26単位以上修得し,かつ,当該大学を卒業し又は当該大学院の課程を修了した者

ハ 公益財団法人日本国際教育支援協会が実施する日本語教育能力検定試験に合格した者

ニ 学士の学位を有し,かつ,日本語教育に関する研修であって適当と認められるものを420単位時間以上受講し,これを修了した者

ホ その他イからニまでに掲げる者と同等以上の能力があると認められる者


この講座の修了要件を満たしね修了証書を授与された方は、上にある資格要件の(ニ)を満たしていることになります。


ここで注意しなければならないのは、学士の学位、つまり大学の卒業が必要だということです。


残念ながら短大や専門学校、また高校卒業、中学卒業などの方は、この講座を修了しても、(ニ)には該当しません。

それらの方は(ハ)の要件を満たす、つまり日本語教育能力検定試験に合格することを目指してください。

もちろん本講座では日本語教育能力検定試験の合格も目指します。

就職支援

本講座を修了した方は優先的に東京日本語センターの教員として採用いたします。

また希望者には海外の協定校への派遣を行います。派遣後は東京日本語センターの教員となることができます。

 

自分の好きな時間に非常勤として働きたいという方には、東京日本語センターをはじめ他の日本語学校への派遣も行います。

 

講義の時間

日本語教員養成課程(文化庁届出受理番号 H30080113027)の第二回講座を11月より開催します。場所は、講義を汐留校舎で、実習を芝本校で行います。

汐留校舎 港区芝大門1-2-22 最寄り駅 御成門 大門 新橋 浜松町

芝本校 港区芝公園3-5-4  最寄り駅 御成門 赤羽橋 大門 浜松町

お問い合わせは以下に

東京日本語センター 教員養成講座係 03-3433-3378